新社会人の方へ好きな事を仕事にしている僕からのメッセージ

スポンサーリンク




美人カフェどっとこむ編集長のりょうちゃんです。ちょうど桜をバックにした写真が撮れました。

もうすぐ4月!学校を卒業したり、引越しをしたり、会社辞めたり、転職をしたり色々な変化もあったと思います。

今日は改めて新しい環境に飛び込む人へ記事を書いてみました。

僕はずっと学生でいたかったから大学の卒業式で泣いた

僕は新卒で専門学校の職員になる事が内定していました。教師になるという夢がなくなって少し妥協して声優の専門学校職員に内定しました。

他人から見ると倍率100倍以上だった採用試験!!学校職員という安定職、さらに結構給料もいい!!そこからの内定だから喜んでも良かったと思います。しかし、当時の僕は大学の仲間とおもしろおかしく笑う日々が楽しくてたまりませんでした。

社会人になるとこの楽しい日々は二度と来ないのではという危機感を勝手に思っていました。

社会人1年目は他人と比べてばかりだった!優秀な同級生の活躍がムカついた

僕が大学生の頃につるんでいたり、一緒に今もたまに飲みにいく友達は優秀な人ばかりです。

学歴も優秀で、さらに仕事もできる奴ばかり!リクルート、電通、アクセンチュア、凸版印刷などに就職して刺激的な話をよく聞かせてくれました。

僕は同級生からの活躍に本気で嫉妬しました。なんであいつはあんなに活躍出来て僕は活躍出来ないんだ・・・と。

僕はというと、新卒就職が僕一人で同期の人は中途採用の方2人でした。同期の方も僕より仕事がめちゃくちゃ出来て仕事にいくのが億劫でした。

いつしか僕はプライベートでも、仕事でも愚痴ばかりこぼすようになりました。

しっかり向き合ってくれた年上の同期の人が叱ってくれて僕の人生は変わった!

愚痴ばかりをこぼして仕事をしていた僕は仕事でも手を抜くようになりました。手抜き仕事はクオリティも低く、僕の社内評価は下がっていたと思います。

ある日僕の同期の方が仕事の後に食事に誘ってくれました。

「今のまま仕事をしていて、伊藤さん(僕の本名)は人生後悔ないですか?僕は伊藤さんの人柄が好きです。一緒に大きい仕事をしましょう!!大きい仕事をしてから成長すれば伊藤さんは大きな世界に羽ばたけます!」

年上の同期の方はいつも僕に敬語を使ってくれていました。そして僕のやりたいことのモヤモヤを聞いてくれました。

そして、ここから僕は6年間声優の専門学校の教務の仕事を全力でやりました。声優として生徒を3人有名なアニメにデビューさせて退職しました。

その後、僕は大手の広告代理店に転職して独立しました。

何者かになりたい!有名になりたい!そんな人はまずは実績を出してみよう

Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeを見ていると好きな事を仕事に!という言葉はよく見ます。

僕も今は好きな事を仕事に出来たと思っていますが、多くの方と関わってきて多くの企業に利益を出してきた実績が今の僕を作ってきたと思っています。

フォロワーを増やしてインフルエンサーになりたいという人もたまに見かけます。しかし、フォロワーさんと何を成し遂げたいのかを明確に答えられますか?

僕はフォロワーさんたちと一緒に女性の働き方と何歳でも外見も心も綺麗な気持ちを発信していたい!そんな気持ちで仕事をしたいと思っています。

さらにいうと、女性がまだ稼ぎづらい世の中だからこそ女性がカッコよく稼げる事を発信していきたいと思って仕事をしていますし、こうして文章を書いています。

好きな事を仕事にしたいという人はまずは思考することから始めよう!

人が喜ぶ基準は仕事によって変わってきます。不動産会社でしたら、家が売れて快適!美容師さんだったら綺麗になれた!

様々なお客様の声が聞こえてきます。その喜ぶ声がリアルな場所、またはSNSなどのオフラインの場所でもらえる人は仕事の成果が高い人だと僕は感じます。

好きな事を仕事にしたいと思う人はまずは誰かに喜んでもらってみませんか?人に喜んでもらう方法はたくさん考えます。思考することで自分の得意なことが分かってきますし、発見もあります。

あなたがこれから入る会社で「思考」する機会が多いならそこは成長の場が多い会社だと僕は思います。存分に活用しましょう!

僕のSNSで新社会人になる方や新社会人の思い出エピソードとかあれば感想聞きたいです。

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう