PINKCROSSというナースさんのイベントに行ってきた!予想以上に感動!

スポンサーリンク




美人カフェどっとこむ運営のりょうちゃんです。僕、昔の彼女が看護師さんでした。

すごーーくデカい病院に勤めていて夜勤も多いのにいつも元気で僕に優しい人でした

最終的には僕が振られましたが・・・でも看護師さんという職業をめっちゃ尊敬しています。今回はあるナースさんに誘われて行ってきたイベントレポです!

 

PINKCROSSイベントレポート

僕の友人、舞さん(@maimai_mirains )に誘われたイベントでした!

舞さんも看護師でミライナースというメディアを運営しています!

すごく、感動しましたし働き方や生き方を改めて考えるイベントでした。普段はキラキラした世界しか見ていない僕・・・でもしっかりと医療という身近なことでありながら知らないことをしっかり認識できた1日でした。

 

PINKCROSSプロジェクトとは

潜在看護師の発掘・育成を基に新しい働き方の創造と地域活性化による防災力向上支援する市民団体です。

ナイチンゲールは『看護覚え書き』の中で「看護は特別な事ではなく生活の中にある」と記載しています。

私たちは、心身ともに健やかにお互い様の精神で助け合える地域コミュニティの形成が、地域住民の健康を支える生活基盤だと考えます。地域を『ヘルスケアのリビングラボ』として捉える事で、地域全体で取り組む具体的な生活支援体制創りや、個々のヘルスリテラシー向上に導くキーパーソンとして、地域に眠る70万人の潜在ナースの潜在力に着目します

今後の潜在ナースの新たな役割は、地域のコミュニティナースとして自分の住んでる地域でのコミュニティ創生や、健康キーパーとして、病気予防の防波堤を高く築く事で、「賢い健康行動がとれる市民創り」という時代のニーズを職域にする事です。CSV(共通価値の創造)とは、社会的な課題を解決する活動が、収益事業として両立する事。ヘルスケア産業とのリレーションで、サービス・製品の企画開発など、看護ならではの魅力を活かした新しい働き方として、ヘルスプロモーション事業を捉えています。潜在看護師の子育てや介護の経験など地域生活者の視点が貴重なキャリアになる領域といえます。

「世界一の災害大国」にアクション:(日本に住むマナーとして国民全体で考えるお互い様の相互扶助活動)。平時には、地域コミュニティナースとして、有事には生活再建リエゾンナースとして、生活再建情報(住まい、お金、仕事、保険)を繋ぐ活動を!
「世界一の高齢社会」にアクション (一家に1人ホームナース計画、賢い健康行動をとれる市民創り)看護資格を生かした、ビューティー&ヘルスケア分野で、医療費節減ナース®としての活躍を新たな職域を開拓する

PINK CROSS PROJECT公式サイトより引用

潜在看護師さんの問題や災害時の看護師さん、そして自衛隊の方との連携などすごく大事なことをもっと発信しましょう!というイベントでした。

僕も知らないことだらけで、医療業界の方が多い印象でしたがむしろ医療分からない!!という僕みたいな人間こそ行くべきだなーと感じました。

 

会場には様々な体験スペースもありました

僕はせっかく会場に行ったので色々な方に聞いてみました!!

まずは動物看護士の方に西村裕子さんにお話しを聞きました。なんとワンチャン、犬の心臓マッサージを教えてもらいました。

これがとても難しい・・・

※イベントではぬいぐるみを使って説明をしてくれました

犬も気道確保、そして心臓マッサージという順番は一緒です。

しかし、噛まれないために両手をクロスする必要はあります!これは僕も初めて知りました。

僕も必死でやってみました。大型犬の場合は人間とほぼ同じパワーが必要になるそうです。

 

実家で猫を飼っているので猫の方も聞いておきました

ちなみに、猫の場合は危機回避能力は高いのであまり心臓マッサージをやる機会は無いそうです。

親指で心臓をマッサージします。ぬいぐるみと実家の猫が同じサイズなので参考になりました。

 

災害大国日本の現状と防災ナースの役割について

実際に被災した方、また最近の東北震災で看護に関わった話はとても、とてもリアルで僕は本当に無力であること。

そして今平和であることに本当に感謝してしまいました。

特に印象的だったのは阪神淡路大震災を経験された方の話です。

 

最近では少し記憶も薄れている人も多いですが、僕も小学校の頃にニュースで見ていました。
あの頃は日本も震災への対策が全くできていませんでした。

震災だけではありません、もしも竜巻が来たら・・・とかも今後考える必要があるのが政府の仕事なのかもしれません。

 

災害時は看護師の方と自衛隊の方の連携は必須!!

今回やたら目をひいたのはマッチョな方でした!何でマッチョなのかを聞くと現役の自衛隊の方!!

僕ら素人目線だと看護師さんと医者の連携が当たり前だと思いますが震災の時は看護師さんと自衛隊の方の連携が必須なんですね!!

でも、思い出すと東北震災の時も自衛隊の方が活躍をしたと聞きます。そして現場では看護師の方がめっちゃ動いていた。
確かに!!この2つの仕事が今後もっと連携することは必須だなーと感じます。

 

看護師さんのファンションショーもあったのだよ

りょうちゃん
演出、ビジュアルは東京ガール〇コレクションにも全くひけをとらない!!

看護師さん、めっちゃ美人ばかりじゃん!!写真撮影オッケーなら撮っちゃおう!

今回は友人のアヤカちゃんも出ていました!

https://twitter.com/hapinsayaka/status/925647317058732032

白衣が本当にオシャレですね。デザイナーさん、凄いっす!

 

吉田沙保里選手を育てた栄監督も来ていた!

栄監督は30年以上前から女性の時代が来る!と発言していたそうです。昔は笑われていたそうですが、現在女子レスリングは世界トップの日本・・・

日本の看護師さん、医療についてもすごく大切だと力説をされていて僕は自分の浅い考えに反省しました。

僕は女の子大好きブロガーとか言っていますが栄監督のように時代を作るんだという覚悟はあったのか・・・

そして自分の仕事に置き換えたときに今できているか・・・栄監督と同じ年齢になったときにどんな気持ちになれるか。

 

今回のイベントの収穫はすごく大きいと思いました。

 

今後看護師さんたちの働き方は多様化しなければいけない

今回のようなイベントに顔を出す看護師さんたちはSNSを活用したり、ブログを書いたりなど声の大きい看護師さんたちです。

しかし、今はまだ声の小さい看護師さんたちはツライ働き方をしてしまい、退職してしまったりして潜在看護師さんになっています。

しかしほとんどの方は人を救いたいと思って看護師さんという道を目指bしたはずです。その心、ホスピタリティは絶対に忘れてほしくないと僕は感じます。

今回のイベントがさらに行政や多くの医療機関に届き、看護師さんの新しい働き方につながるといいなと僕は強く願います!!

PINK CROSS PROJECTのサイトはこちら!

是非、まずはサイトを見て多くの方が支援と拡散をしてほしいなと思います。決して他人ごとではない医療・・・

一緒に考えましょう

スポンサーリンク

お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう