自粛期間に考えた!本当に取材が好きなんだなということ

スポンサーリンク




美人カフェどっとこむ編集長のりょうちゃんです。実は、この美人カフェどっとこむは一番多かったコンテンツは「取材記事」でした。

今は新型コロナの影響で流石に対面で会って取材は自粛という形をとってます。昨今はオンラインで取材をされているメディアも多いのですが僕としては、取材は直接お会いして行うという古臭い考えをどうしても捨て切れずにいます。

もちろん、オンラインでの取材はいいことだと思います。経費や相手の時間などを考えると効率的です。僕自身ネットを活用して仕事をしているので本当に素晴らしい方法だと思ってます。

しかし、自分のメディアにそのやり方を入れるのはどうなのか・・・本気で悩みます。

 

美人カフェ出演者の方が事業で大変な時に何もできない

過去に美人カフェに出てくださった女性経営者の方は今、新型コロナの影響で仕事にも大きな影響を受けている方も多くいます。

中には実店舗で、経営をしている方はなんとか経営を工夫して、仕事を稼働しているだけで「不謹慎だ!」と誹謗中傷されていました。それをみて何もできない自分が本当に悔しくて辛かったのが4月でした。

かといって何を出来るか、何をしてはいけないかが僕の浅い知識では考えが及ばずに無力感しかなかったです。

美人カフェにこの2年くらいで取材した方は本当に素晴らしい経営者ばかりでした。僕なんか足元に及ばない高いビジネスリテラシーで結果を出してきた人ばかり!しかし、今はコロナの影響で営業自粛をしてます。

 

新しいコンテンツを作る為に、そして質の高いコンテンツは何か本気で悩んでます

現在はzoomという便利な通話がたアプリがあります。僕は3年くらい前から使ってました。本当にお世辞抜きで便利です。

今、コロナの影響でユーザーも増えて多くの方が「オンラインで打ち合わせしよう!」という文化も出来ました。僕も無駄な移動とか嫌いなので嬉しいです。

しかし、取材記事に関してはあまり僕はzoomでやりたくないというか1回もオンラインでやってないんですよね。

これはあくまで僕の価値観なので、他のメディアを批判するわけではないです。僕はオフラインで直接自分でみて記事に書きたいという気持ちが強いのです。

特にエステや高額な商品はしっかりと自分の目でみて、記事を書きたいと思い多くの方に今まで時間をもらって執筆をしました。

今の時代を見ると、僕のやり方はオワコンなのではないか?と悩んで来ました。正解が見つからずに悩む毎日です。

 

自粛は続くと考えた時に何を自分は発信するか?今正直悩んでます

5月まで緊急事態宣言は続きますが、6月以降がどうなるか!専門家でない僕には解答できません。しかし、今のままではいけないと考えてます。

取材をオンラインでやろうという気持ちになれないのは、zoomで取材という物に自分がワクワクできないからです。

予想以上に自分がリアルで人に会うことに価値を置いていたのだなという発見でした。

今後はこうして記事を書いて色々アウトプットをしていこうと思います。

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう