占いは依存するためではない!自分のなりたい姿へのモチベーションにしないとダメ!

スポンサーリンク




女性は占いは大好きですよね?僕もこの1年くらい周りの友達や知り合いが占いを仕事にしている人が増えました。

僕自身も占いを実際に自分で体験したら凄く新鮮で、感動しました!

りょうちゃん
なんでこんなに僕のことを分かるの?すごい!感動だわ!

とその時はその占い師さんをリスペクトしちゃいます。実際に霊感とか、オーラが見えるのかもしれないですし、データも凄く持ってお勉強を凄くしているのかもしれません。

しかし、僕自身が自分で仕事をしている今・・・占いやオーラを自己啓発として最近は活用するようになりました。今回は占いと自分はどう向き合うべきかを僕の持論で書いて見ます

優秀な占い師さん、セラピストさんが共通して使う言葉

優秀で信頼できる占い師さんや、セラピストさんほどよく言う言葉は「あなた自身が大切」と言ってくれます。僕はこれを理解するまでに2年くらいかかりました。

2年、て人によってはお前理解力なさすぎ!と思う人もいるかと思いますが僕は意外と理解できていない人多いのではと思いました。

では、まずしっかりと持って欲しい考えを書いておきます


どんな優秀な占い師もセラピストも他人を変えることはできないということ

人の悩みは大半が人間関係と仕事、だと言われてます。細かくすると職場への不満とかお金がないとか恋人への不満とかありますが多い悩みは「人間関係」と言われています。

それほど、人間関係でつまづいて仕事辞めてしまう人もいたり、僕みたいに離婚ということもあり得ます。

僕自身、昔は他人に変わって欲しいといつも思っていました。あの人がもっと僕のことを理解してくれたら・・・あの人、もっと仕事できるようになれよ・・・とかそんな風に思っていました。

どんなに僕が不機嫌になっても周りの人は変わりませんでした。当たり前です。僕自身が行動を変えなかったからです。

誰かのアドバイスは自分を加速させるガソリンに変えていかなければいけない!

僕は先日、実際に友人から占いをしてもらいました。友人はかなりの人気占い師で僕はそこまで占いを信じていませんでしたが、すごく「勇気」をもらいました。

「りょうちゃんは大丈夫!今の自分を信じていこう!」という言葉を言ってくれたのが嬉しかったです。

そして、僕はその言葉をもとに自分が今、何をするべきかを常に毎日考えるようになりました。

自分のやりたい仕事、て大体は自信とかモチベーション次第でスピード感が変わります。だからこそ、占いはそのためのモチベーションを崩さないために心に止めるべきです。

占い師さん、セラピストさんに依存して自分を見失わないように自分の目標に向かっていきましょう。

写真のモデルさんはヒプノセラピストのかおりさん

かおりさんのツイッターはこちら!

かおりさんのブログはこちら!

 

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう