100万回生きたねこの舞台を見てネット上の争いの愚かさを感じました

スポンサーリンク




あまり知っている人はいないのですが、僕は舞台鑑賞が大好きです。新卒時代に声優の専門学校の教務課に6年勤めていたので、仕事でたくさん舞台を観てきました。

今も観るのは好きだから、大好きな人に誘われたら行きます。今回は美人カフェの出演者さんが舞台を主宰する!という事で観に行きました。

リトミックの講師を高円寺で運営している小濱香織さんが今回の舞台を運営しました。

名作!100万回生きたねこの舞台バージョンでした

この表紙自体はどこの本屋に行ってもあるのではないか?とも思うベストセラーの絵本です。

僕も内容は知っていましたし、この絵本は大好き!という大人もいるくらい幅広く愛されている名作です。

舞台は撮影禁止だったので感想と、舞台から僕が学んだ事を書かせてもらいます。

 

最高の舞台だった!100万回生きたねこ

今回の舞台という目標に向かって40人以上の子供たちが舞台に立っていました。僕は正直もっと泣いているお子さんたくさんかな?と思ったら音楽があるとみんな楽しそうにしていました。

少し泣いていた客席のお子さんも舞台から音楽が聞こえてすぐに泣き止んでました。

これからの起業家は愛される人でないと大きな事は成功できない!

個人で稼ぐ事はある程度自分の中で仕組みを作ったり、成功方式を作れたらなんとかなります。

しかし、今回のような舞台は一人ではできません。会場の確保、スタッフの方の配慮や保護者の方の協力。地元のご協力などたくさんの要素が入って成功します。

絶対に一人では出来ません。チームを引っ張る力が必要になります。僕も見習う点がたくさんありました。

100万回生きたねこを観たらネット上の争いがバカバカしく見えた

今回の舞台を観て、僕はかなり感動したと共に今の自分をかなり見直そう!と思うようになりました。

劇中に主人公のねこが「俺は100万回生きた!」というシーンに今のネット界のいくら稼いだ!フォロワーが何人いるんだ!というマウントにすごく似ている!と感じました。

僕自身も知らず知らずのうちにいくら稼いでいるという数字を自分のステータスにしていることが最近増えてしまっていました。

僕がやっていたこともマウントではないか!と気づかされました。

確かにお金は大事ですが、自分の人間性・・・これから目の前の人とどんな事をしたいか・・・相手の話をしっかり聴けているか・・・

今回は自分自身を振り返る時間になれました。是非、ネットに疲れた方は絵本を読んでみる事をオススメします。

絵本は絵本ナビで購入出来ます。さらに試し読みも出来ますので最近絵本を読んでないという人や少しネットに疲れている人は読んでみてほしいです。

最後におまけ!香織さんからクラウドファンディング成功の秘訣動画!

今回の舞台はクラウドファンディングでもチケット販売をしていまして、見事に達成していました。

音楽を仕事にしたい!そんな人でクラウドファンディングやりたい人はみてほしい動画です。

動画編集:アコマサさん(@aikoujp

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう