ヘッドハンティングなんて本当にあるの?美人コンサルタントに聞いてみた!

スポンサーリンク




美人カフェどっとこむ編集長のりょうちゃんです。僕は独立する前は転職エージェントに6社登録して大手のIT企業へ転職出来ました。

しかし、たまに思います。テレビドラマみたくかっこよく大手の外資系とかにとんでもない高い給料を提示されてヘッドハンティングとかされてみたい!そんなことを考える人は多くないですか?

今回は実際にスカウトされて転職した女性にお会いしてきました。

今回はお会いしたのが休日でしたので凄く可愛い服装で来てもらいました。平日はバリキャリのスーツと言ってました。

 

丸山怜萌(レイモ)さんの紹介

名前:丸山怜萌(以下レイモさん)

職業:戦略コンサルタント

休日の過ごし方:海外旅行、スノボ、サーフィン…とにかくアウトドア派!

2018年の4月も美人カフェに出てくれました。凄く読まれた記事です。

会うのは約一年ぶりでした。レイモさんは2018年は経営コンサルタントとして働いていましたが、最近転職をして戦略コンサルタントとしてキャリアアップ。

 

転職報告を兼ねた取材!転職の過程を聞いて見た

僕は前職は大手の広告代理店に勤めていました。多くの企業と関わることも多かったのですが、経営コンサルタントとして活躍する方はすごい給料も高く優秀な人ばかりでした。

女性はかなり珍しいのですが、今回取材させていただいたレイモさんは戦略コンサルタントとしてキャリアアップをしました。

りょうちゃん
昨年出会った時は経営コンサルタントとして働いていましたよね。

コンサルの方は転職してキャリアアップをするとよく聞きますが本当だったんですね。

 

レイモさん
お久しぶりです。

りょうちゃんと会うのは1年ぶりですね。 今日は転職報告も兼ねて、りょうちゃんと撮影が出来て嬉しいです!

確かにコンサルは転職する人が多いですね(笑)今回はたくさん悩んだ転職活動だったのですが、キャリアアップが叶って今はすごく充実しています!

外資のコンサルティングファームで働いている友人に少し聞いたのですが、経営コンサルタントの方々はキャリアアップを見据えて転職が多いのです。

 

サクッと転職したように見えるけど本当はかなり悩んだ転職

昔のことわざには言われますが「石の上にも3年」という言葉があります。しかし今の社会事情は大きく変わりました。外資系企業では当たり前のように1年ごとに転職することが当たり前と思われています。

この考えは結果主義の世界は特に反映されています。

りょうちゃん
まず聞きたいなーと思ったのが今回の転職はどんなきっかけでしたんですか?

昨年聞いた話だと、忙しそうな会社ではあったけど給料も高そうだし、やりがいもあって楽しそうでした。あれからどんな想いがあって転職に至ったのか聞きたいです。

レイモさん
転職を意識した最初のきっかけは、昨年に二階級特進で昇格したことでした。
りょうちゃん
やっぱ、優秀なんですね。それだけみんなが褒めてくれて、評価してくる職場なら僕はずっといたいです。なんでさらに厳しい場所へ転職したんですか?
レイモさん
確かに自分のことを認めてくれる環境にいるのはすごく心地良かったです。

ただ一方で「このままでいいのかな?」、「ここは私が一番成長できる場所なのかな?」という疑問を感じてしまって。 生き急いでる、とよく言われるのですが(笑)、私はこれまでも少し背伸びをして、多少無理をしながらも一生懸命周りに追い付くよう努力した方が良い結果に結びついてきたと思うので、今回転職を決意しました。

りょうちゃん
凄いです。僕はいつも褒めてもらいたいからそんなストイックになれない。むしろ、こうして前進する人たちがコンサル業界にいるのかなと感じます。

ああ!お話をしていたら時間が速攻で過ぎてしまった。明日もお話したいです。

レイモさん
それなら、明日もお話しましょう。新宿御苑とかに桜みに行きましょう!

というわけで、珍しく2日連続の撮影をしました。

 

季節は桜も咲いているので次の日にお花見、新宿御苑へ!

次の日に新宿御苑にレイモさんとお花見へ行きました。新宿御苑の桜はとても種類が多くて、撮影日和でした。

人混みはすごかったですが、桜の見応えは最高でした。

りょうちゃん
せっかくの桜シーズン!2018年は速攻で桜が散ってしまいましたが、2019年は長い期間咲いてくれて嬉しいですね。じっくり見ましょう。
レイモさん
そういえば、りょうちゃんと初めて撮影をした時もお花見シーズンでしたね。

桜を見るとこれから頑張るぞ!という気分になれますね。

毎年、こんな美人とお花見ができれば幸せです。

2日に渡っての2箇所のロケは正直楽しかったです。

 

本当に悩んでステップアップをして転職した!色々なスカウトを見て転職先を決定!

りょうちゃん
昨日の話に戻しますが、新しい会社を決める決定的なこととかありました?
レイモさん
三つあります。

  1. 自分が背伸び出来るチャレンジングな環境であること
  2. 戦略策定というコンサルの中でもより上流工程の仕事に携われること
  3. クライアント様の業種や国、地域関係なく戦略コンサルタントとして働けること
りょうちゃん
コンサルという仕事は男性ばかりのイメージですが、実際どうですか?
レイモさん
確かに職場は男性ばかりですね。

クライアント様も、当然のように男性コンサルタントが担当すると期待される方も多いので、その期待を良い意味で裏切るのは楽しいですよ(笑)

りょうちゃん
そんな男性ばかりの環境で、苦労したこととかありますか?
レイモさん
そうですね。以前は「男には負けたくない」「女だからって舐められなくない」と強がって、勝手に疲れてしまう時もありました。私は甘えるのがすごく苦手なんです。

最近は信頼して下さるクライアント様や、前職からのお客様、懇意にして下さっている経営者の方などからアドバイスをいただいて、やっと「甘える」、「頼る」ということが少し出来るようになった気がします。 もちろん、仕事では一切甘えはナシです。

りょうちゃん
なるほど、様々な葛藤があったんですね。転職の仕方を聞いてみたいなーと思いました。

僕は転職エージェントを利用して広告代理店に就職できました。レイモさんは新しい職場にどうやって就職しました?

転職は様々なやり方からできる!おすすめアプリ!

レイモさん
最初は外資系コンサルに強いエージェントを利用して、内定を三社いただきました。

ただ、その直後に現職の会社から「うちに来ないか」と直接お誘いのご連絡をいただいて入社を決めました。

りょうちゃん
いわゆるヘッドハンティングというやつですね。
レイモさん
コンサル業界は狭い上に人材が流動的なので人の噂が広まりやすいです。

私のようにヘッドハンティングのような形で転職が決まることも少なくないようです。
あと、ヘッドハンティングでの転職を狙う方はビジネス特化型SNSもオススメです。

 

りょうちゃん
そんな素敵なSNSがあるんですか!教えてください。僕はSNSはTwitterを1日ひたすらやるような奴なんですが、有益な情報を取得するのに必死なんです。

LinkedInは多くのビジネスパーソンと繋がれる万能アプリ

レイモさん
私が使っているのは、LinkedInというアプリです。私の周りでも使っている人はすごく多いんですよ。
りょうちゃん
おお!確かに見てみると、名刺交換をした人の情報とか分かりやすいです。さらに僕も外資系でしたから昔の同僚とかがどこに転職したかも少し分ります。

これは外資系コンサルの方はオススメですね。

レイモさん
私は結果的にLinkedIn経由ではなく、現職企業から直接お声掛けいただいて転職が決まりました。

ですが転職活動中はLinkedInを通じて、様々なヘッドハンターさんや企業の採用担当者の方からご連絡をいただきました。 アメリカ発のアプリということもあり、英語でのメッセージが大半でした。海外や外資系企業で働きたい方には特にオススメしたいです。

りょうちゃん
キャリアアップしたい!と思う人が多いけど、こうして他社の人からメッセをもらえるかで考えるのもいい転職活動のきっかけになりますね。
レイモさん
自分の市場価値をリアルタイムで把握することができるので、自分のモチベーションアップにもつながります。

また、ヘッドハンターさんと話す中で、転職市場や業界動向をキャッチアップすることもできるので、今すぐに転職を考えていない人にもとても便利なアプリだと思います。

りょうちゃん
改めて、転職おめでとうございます。これからも応援しています。また来年もお花見しましょうね
レイモさん
喜んで❤️

転職とは様々なスタイルがあるということ

今回は転職という一つのターニングポイントの話を聞かせていただきました。昔は一つの会社に定年まで勤めるべき!という話も多かったです。

しかし、多くの企業は終身雇用制度が崩壊して僕らフリーランス、そして優秀なサラリーマンの方々は自分で自分の道を切り開く力が必須になってきました。

転職の方法もハローワークだけでなく、多くの転職サイト、転職エージェント、ビジネス専用SNSを活用することでさらなるキャリアアップができるようになりました。

自分の力はこんなものじゃない!もっと頑張ろう!と思って欲しいです。僕も今回レイモさんの話を聞いて刺激を受けました。今回はありがとうございました。

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう