栃木市のSpirée fleuristeというお花屋さんをあなたは知っていますか?

スポンサーリンク




美人カフェ読者の皆様初めまして!おしゅんと申します。今回は栃木からお送りします!美人カフェ栃木支部として北関東も盛り上げます!

今回は、栃木のイベントがきっかけで知り合った芹澤有沙さんという方です。緊張のあまり僕は寝付けず、8時間しか寝れませんでした

お花屋さんを開業しているというお話を聞き、私、おしゅんは直感的に「取材したい!」と感じて今回の取材が実現しました。
おしゅんは初めての取材なのでうれしさと楽しみさのあまりなかなか寝付けず、緊張のなかで臨みました!

Spirée fleuriste(スピレ フルリスト)で早速取材開始!

今回は特別にお花屋さんでの取材!!フォトジェニックなお花と美人に期待してください

おしゅん
有沙さん!味のある綺麗なお店ですね!今日はよろしくお願いします!
有沙さん
こちらこそ、今日はよろしくお願いします。お店にも来ていただき嬉しいです

とても雰囲気あるお店で是非皆さんも栃木市に来たら寄ってほしいです。

 

お店の名前の由来はフランス語小手鞠から由来している

栃木県栃木市にある和を感じさせる街並みの中にお店があります。

お店の名前は『Spirée fleuriste(スピレ フルリスト)』。「Spirée(スピレ)」はフランス語で小手鞠を意味しています。
2018年1月6日にオープンしたばかりで、これからの活躍が注目されています。

 

ドライフラワー、ハーバリウムなど種類がそろった綺麗なお花たち

お店にはたくさんの種類がそろっていました。壁にはドライフラワー、テーブルにはハーバリウムなどおしゃれの極みです!

おしゅん
綺麗なお花がいっぱいですねぇ!ご自身で選んだお花をお店に運んで、さらに並べているんですか?
有沙さん
自分で仕入れ先に出向いて季節や色合い、花の大きさなどを考えて選んできてますよ。注文が入ると、並行しながらになってしまうのでなかなかスムーズにはいきませんけど(笑)
おしゅん
(笑)って!それってめちゃくちゃ作業量あるじゃないですか!!大変じゃないですか?
有沙さん
でもそれも楽しみの一つなので、特別苦労することはほとんどないですよ。

本当に好きなことを仕事にしているんですね

 

保育士という仕事からお花屋さんになった有沙さん

おしゅん
何故今のお花屋さんの仕事をしようと思ったんですか?すごく大変そうな仕事なのに・・・お花屋さんは何年目でしたっけ?
有沙さん
お花屋として6年目になりました。
実は私、短大を卒業してから保育士をやっていたんですが、「本当にこのままでいいの?」と感じ、転職して販売・接客業をしていたんです。

ある日、結婚式場にあったお花をみて「うわぁ綺麗!」と魅了されたのと同時に「これってどうなってるんだろう?」と気になったのがきっかけでした。
しかもその時に、丁度知り合いの方が結婚式場で働いていたので話しを聞いてみたんです。そしたら「お花屋さんのお仕事がある」って声をかけていただいたんですよ。なので自分で確かめてみよう!と思ってお花屋さんでの仕事を決めました。

確かに結婚式場のお花は魅了されるほど綺麗ですよね、男の僕でもすごいと感じますもん。それでもスムーズに話が進んでいったんですね。そういう運命だったのかと思います

 

パリで修行した後に地元で開業を決意したのは地元にお花屋さんが少ないから

実は有沙さんのお花屋さんとしてのキャリアはパリから始まっていました。

有沙さん
でも正直最初の頃は自分がお花屋さんを経営するなんて思ってもいませんでした。お店で働いているうちにどんどんお花への興味が湧いてきて、パリへ1年間修業に行ったんです。

パリへ行くと、日本とは違いゆったりとしたワークスタイルなんですよ。軽いカルチャーショックを受ましたけど、周りには日本人の方達も多かったので刺激になりました。この刺激を受けてたら次第に「自分で作ったものを自分で接客してたい!」と考えるようになったんです。接客業の経験もあったので「自分でやってみよう」って思えたのがきっかけですね。

おしゅん
パリでの経験が今のライフスタイルに繋がったんですね。なかなか決断するのにも勇気がいりますよね、かっこいいです!でもなぜ栃木県にオープンされたんですか?
有沙さん
一番の理由は地元ということです。地元にはお花屋さんが少ないんですよ。それなら自分がやろう!と思ったのが一番の理由ですかね

お店の場所が僕の出身でもある栃木県にあるので、すごく親近感が湧きました!

聞いてびっくり!有沙さんの好きな花は小手鞠(こでまり)

おしゅん
そういえば好きな花とかあるんですか?
有沙さん
春のお花が好きなんですよねぇ~!あっコデマリとかアネモネとか、かわいいんですよ!特にお店の名前にも入れている子手鞠(コデマリ)は大好きですよ!(さりげなく宣伝させていただきます(^^♪)
おしゅん
(さりげない宣伝さすがです)、綺麗なお花ですからね。しかも春らしいから癒されますし元気が出ます

 

お客様と一緒にお店を作っていきたいそんな運営スタイルのSpirée fleuriste

今後お花屋さんを運営していくにあたり、何か目標を聞いてみました

有沙さん
お客さんと一緒に花束を作り出すワークショップができればなぁと考えています。人それぞれ個性がでたり、季節に合ったものを作ったり楽しい時間を過ごしたいですね。

今はなかなか時間が取れませんが、落ち着いたらハーバリウムのワークショップもどんどん開催していきたいです!

あと、お店の外の町並みは『和』のイメージなんですが、お店の中はパリをイメージした『洋』のデザインがお気に入りです。年を重ねていく度に歴史やヴィンテージ風なものに魅力を感じるようになってきたんですよ。
なので『和』と『洋』を組み合わせたこのお店から、何か新しいものを生み出していければなぁなんて考えてます。

なるほど、お客さんとのコミュニケーションも図れるし、お互いがレベルアップできそうですね。具体的な目標までイメージできててうらやましいです!

 

Spirée fleuriste(スピレ フルリスト)にお花を注文するには?

このお店には、様々な方がいらっしゃるそうです。

有沙さん
自宅に飾っていただいて、定期的に買いに来てくれる方や、誕生日、記念日、送別品などお祝い事で買っていってくださる方が多いですね。でも意外と男性のお客さんも来てくださっていますよ。
おしゅん
男性の方もいらっしゃるんですか?男性が一人で買いに行くのは少し勇気がいりますが・・・。電話とかネットとかでも購入できるんですか?
有沙さん
お電話でもネットでも注文していただけるので安心してください!ただあまり遠いと宅配分の料金が加算されてしまうので難しいところなんですよ。

注文方法は

  • 色や大きさでデザインをイメージして作っていますので「用途」を教えてください
  • もちろん「あの花をいれてください」とか「こんな感じにしてください」とかの指定を事前におっしゃっていただければ対応することも可能です
  • 全部おまかせも可能です

ただ、安く多くしてという注文方法だとデザインがまとまらないので少し困ります

どんな仕事も自分が作り出したものに感動されたり、共感していただけると「このお仕事をしていてよかったな」と感じます。

 

日々自分の人生を進み続けて輝いていた芹澤有沙さん

芹澤有沙さんは開業してからは、お花の仕入れや手入れ、お花を並べてお客さんに渡すまですべてを一人で行っているスーパーレディで、なかなか空き時間が取れないのが現状の中でもお客さんへの気配りでき、心の中もお花のように綺麗な方でした。

プロポーズには100本のバラを用意する予定だったおしゅんでしたが、フラワーデザイナーさんにお願いしたほうが確実だと感じました。
今回はお忙しい中取材を受けていただきありがとうございました。

 

この記事を書いた人

名前:おしゅん

脱サラフリーランスとして栃木県の素晴らしさを発信するライター

個人ブログ「ワンチャンス」を運営中

ライティングのお仕事はツイッターのDMまで

スポンサーリンク




お問合せはこちら

記事広告、あなたのサービスを宣伝しませんか?

女性向けのサービスを当サイトで楽しく見てもらいましょう